株式会社ウッドベル

施工例(3)--キッチンリフォーム前と後

本日はO様のお宅のリフォーム前後を紹介していきたいと思います。
(写真の掲載には許可をいただいております)
まずはリフォーム前のキッチン。

そしてリフォーム後。

あれ、この施工後キッチンの形、どこかで見たことが…と思った方、鋭いですね。
「床が変わるとこんなに変わるvol.2」でご紹介した、あのCGとよく似ていますよね。
実は、あのCGはO様に床の色を何パターンか提案した時に使用したものです。
実は使いまわしでした。ごめんなさい。
O様は最初、赤茶色系統の床材を希望されていましたが、希望の色以外にも
何パターンかCGで色違いを提案させていただいたところナチュラルウッドの床材を選択されました。
CGでの色比較・検討をご希望の方は、お気軽にご相談くださいね。
まだまだCG作成初心者ですが、頑張って再現させていただきます。

施工例(2)--床が変わるとこんなに変わる(vol.2)

前回の床が変わるとこんなに変わるvol.1の続編です。

床を白くすることによるメリットについてです。
床を白くする事により、光の反射率が高くなり、色が濃いものを使用した場合よりも
部屋が明るくなります。論より証拠、ということで見ていただきましょう。

比較動画

蛍光灯も同じものを使用し、日光の設定もまったく同じにして打ち出したCGです。
キッチンの幅は違うものを入れたので、多少見え方は違うと思います。
光の設定を同じにしているはずですが、なぜか上の画像のカウンターは下のものより黄みがかっていますね…。
天井が高い部屋だとここまで差が出ないとは思いますが、上記の画像では2.4mの天井高にしています。

いかがでしょうか?上の方がほんのり暗いのがおわかりいただけると思います。
もちろん色の濃い床材でシックにするのも素敵ですが、明るい色の床材もぜひご検討くださいませ!

施工例(1)--床が変わるとこんなに変わる(vol.1)

まずは、施工前の画像をご覧ください。

コンクリートがむき出しになっているところは、洗面化粧台があったところです。
この床の柄、可愛らしいとは思いますが…
80年代~平成初期の頃によく使用された柄らしく、少々時代を感じます。

次に、施工後の写真をご覧ください。

照明のため黄色っぽく見えておりますが、白い大理石風の床に変えた写真です。
いかがですか?雰囲気がガラリと変わりました。
様々なメーカー様のカタログを揃えておりますので、豊富な種類の中からお選びいただけます。

でも床を白くするのは汚れが目立つだけでなにもメリットが無いのでは…?
そう思われる方も多いかと思います。
次回は、床材を白にするメリットについて書いていきます。

お問い合わせ・ご相談は

電話番号

スタッフのブログ

地域の皆様に安心してリフォームを発注していただけるように、当社のこと、リフォームや細かい修理のことを分かりやすく解説しています。ぜひご覧ください。